I can't be satisfied…

カードゲーム、対戦ゲーム、アニメ、漫画などについて雑に書きます。

ハースストーン ワイルド 18.5使用構築

かなり期間が空いての投稿。

前回から何度か下書きをしたためてはお蔵入り、を繰り返してました。

記事は書き得ということに気が付いたので、定期的に書いていこうかなと思い立ち、

ひとまず先月のハースの使用構築を投下して簡易更新。

 

 

最近ハースストーンのモチベーション自体がそこまでなく、最低限しかやってなかった。

のだけれど、特に理由もなくワイルドがしたくなったのでとりあえずレジェまでやろうかなと。

結果的に時間の都合でランク1まで上げたところでタイムアップ。悔しい。

6月はワイルドランク5からスタートするので嬉しい。

スタンダードもレジェまでプレイして、毎月スタンワイルド共にランク5辺りから開始できるようにすればもっとモチベ上がると思うので実行していきたい。

 

 

・奇数ローグ

f:id:oga828:20180603214115j:plain

オーソドックスな奇数テンポローグの形。

そもそもスタンもやってなかったので奇数システムを使うのが初めてで新鮮。

もうカードを光らせまいと思っていたのに、気づいたらデッキが光ってた。こわい。

ランク25から勝率9割ぐらいでランク5まで上げることが出来たので板。

5月末のナーフの影響で偶数パラやデーモンウォーロックが減るので、立ち位置的には良さそう。今後もサクッと星を稼ぎたい時に使おうかなと。

ダメージを最大効率で出すことを意識しつつ、コンボやマナカーブにも気を配るのでプレイ自体は結構難しい。

 

 

・レノンゾスデーモンウォーロック

f:id:oga828:20180603214139j:plainf:id:oga828:20180603214145j:plain

みんな大好きレノジャクソン、ンゾス。

正直レノジャクソンとンゾスが使いたくてハースストーンやってるまである。

当たった時点で負け確な相性さのある相手をどうにかしたくてノームフェラトゥやリン、ガイスト、ドブネズミで抵抗している。

そんなメタカードを入れられるフリースロット枠を確保しつつ、デッキの動きを損なわないのがハイランダーの良いところ。

ナーフの影響を受けておらず、メタカードで環境に適応しやすいので今後も擦っていきたい。

 

次はmtgの記事のつもり。